美容業界への就職を目指すあなたに贈る美容専門学校完全ガイド

美容専門学校ガイドトップ > 美容師を目指したい!

美容師を目指したい!

Q. 小さい頃から美容師さんになるのが夢でした。そのためには美容の専門学校に行かないとダメなんですか?またいつから通えばいいんですか?

美容専門学校の中には、入学の条件として「中卒以上」としているところもありますが中には、3年間で必要な学科・実習を修了すると、美容師国家試験の受験資格を取得できるだけでなく高等学校を卒業したのと同等の資格を取得することができる高等課程を設置している学校もあります。

美容師を目指すのであれば、中学、または高校を卒業した後、厚生労働大臣の指定した美容師養成施設、美容の専門学校に通う必要があります。美容師養成施設では、昼間課程は2年、夜間課程であれば2年から2年半、通信課程であれば3年にわたって必要な学科・実習を修了します。

その上で、美容師になるための国家試験を受け、合格すれば美容師免許を取得することができます。この国家試験を受けるためには、美容専門学校で、決められた学科・実習単位を修了することが条件となるので、美容専門学校に通う必要があるのです。

Q.美容師さんが受ける国家試験とはどんな試験なんですか?

美容師の国家試験は、年2回「実技試験」と「筆記試験」があります。

実技試験には

  1. カッティング (制限時間20分)
  2. ローラー・カール・セッティング(制限時間18分)
    オール・ウエーブ・セッティング(制限時間25分)
    (いずれか1課題)

の基礎的技術と、衛生上の取り扱いの審査があります。

筆記試験には

  1. 関係法規・制度
  2. 衛生管理
  3. 美容の保険
  4. 美容の物理・化学
  5. 美容理論

の5科目から出題されます。

筆記試験は100分50問で60点以上が美容師国家試験に合格となります。

この実技試験と筆記試験の両方に合格すると、美容師免許を申請することができます。もし、実技・筆記のいずれかが不合格となっても、次回の試験に限り、合格となった試験は免除され、不合格となった試験だけ受験し、合格すれば、美容師免許を申請することができます。